赤い糸

特別感のある結婚指輪を選ぶ方法|希少なストーンが勢揃い

クオリティで選びましょう

男女

4cを基準に選びましょう

プロポーズの婚約指輪はダイヤモンドのクオリティで選ぶのも一つの手です。ダイヤモンドのクオリティを決める基準は4cが一般的です。4cとはクラリティ・カラット・カラー・カットのことを指します。クラリティとはダイヤモンドの透明度のことです。曇りのないダイヤモンドは自然界では珍しく、ダイヤモンド内部に不純物が含まれないものほど価値があるとされています。カラットはダイヤモンドの重量のことです。1ctは0.2gとなっており一般的に重量が重いほど高価とされています。カラーはダイヤモンドの色のことです。ダイヤモンドでは無色透明であることが最上とされます。等級は23段階に分かれており黄色に近づくほど価値が下がってしまいます。ただしイエローダイヤモンドでも、透明度の高いものや限りなく色が濃いといった特徴を併せ持ったものは希少性が高くなるので高い評価が行われます。またピンクダイヤモンドやレッドダイヤモンドは基準が異なるので要注意です。カットはダイヤモンドのカッティング方法のことを指しています。カッティングにはブリリアントカットやジルコンカットなど様々な方法があります。いずれの方法も魅力的なカットではありますが、婚約指輪にはより強い輝きを放つラウンドブリリアントカットを施すことが一般的です。婚約指輪に使用するダイヤモンドには永遠を誓う意味が込められています。生涯で一度となるプロポーズで贈る婚約指輪には、シチュエーションにふさわしいダイヤモンドを選ぶようにしましょう。